相手をかわすドリブル ー 初級

【目的】  相手をかわしてゴールを決めるドリブルを学ぶ
【技】   ドリブル
【対象】  ジュニア~トップ
【レベル】 ★★☆☆☆

 

ポイント1  パワーポジション

ポイント2  ボールをタッチするタイミング


相手をかわすドリブルをする為には様々な技術が必要となるが、欠かせないのは一瞬のスピードアップだ。
一瞬のスピードアップができる事で相手選手よりも早くシュートを打ち、ゴールを決められる可能性が上がるからだ。
世界で活躍する選手達のドリブルをみると、相手をかわす際に軸足を「パワーポジション」に置きスピードアップを自在に行っている。

ここでは、相手をかわしてゴールを決めるために欠かせないポイントを紹介しよう!

ポイント1  パワーポジション

変化する接地面に対して最も大きな地面反力を得られるスタンスでの接地を「パワーポジション」とします。
「日本で唯一の代表キャップを持つフィジカルコーチ」谷氏による谷塾コラム アジリティを紐解くより抜粋

 

パワーポジションに足を着くと、次の進行方向へ地面から押し出してくれるような力を感じる事ができる。
スムーズな重心移動が可能となり、自分のスピードを最大化してくれるのだ。
力任せにスピードアップをしていくのではなく、パワーポジションを感じながらプレーをしていく事大切になる。

 

太郎コーチ
太郎コーチ
正しい足の着き方を身につける事で、膝や筋肉への負担も軽減されるので怪我の予防になります。

ポイント2 ボールタッチのタイミング

相手DFをかわすには、軸足がパワーポジションに着いた瞬間にボールをタッチし、尚且つ膝下(奥)でボールをコントロールすることがとても大切。

それらができるようになるとボールが体から離れずスピードアップすることができるようになる為、相手DFにボールを奪われずにシュートまでもっていくことが可能となる。

 

 

 

ボールにタッチする足の箇所 

小指と薬指の付け根あたりでボールの下側を押すようにタッチできると、ボールをコントロールしやすくなる。

 

 

 

 

 

 

パワーポジションとボールタッチのタイミングを意識してトレーニングを重ね、ドリブルでチャンスを自ら作れる選手になろう!




 

 

関連記事

  1. 家トレ・フィジカルトレーニング/弾み・パワーポジション

  2. 相手をかわすドリブル ー 中級

  3. TRE.Labのご紹介

  4. ラダートレーニング 基礎 サンバ

  5. シュートフェイント 切り返し Ⅱ

  6. インステップシュート